311系

さいどらいんキットからの制作です、2セット手に入ったので2編成8両完成させる方向で(弱気)
まず側板のバラシ、ニッパーで切ってと16枚かっ・・・単純作業が続きます
側板を曲げます、説明書には万力を使用と書いてありましたがけっこう高かったのでこんな感じでやってみました、きれいに曲がります
何故か扉パーツは1箇所ずつ・・・48枚こちらも曲げます
側板と扉の接着はこんな感じ瞬間接着剤を使用しています
側板16枚扉48枚接着完了、ハァ・・・
屋根と妻板はGM211系から
バキッってなることもあります、予備がなかったらあっさり制作中止にするところでした
あとは基本中の基本で組んでいくだけです、補強パーツは組む際の邪魔になるためあらかじめ削除してあります
(補強板は削除しないように!強度が弱くなります)
ようやく箱になりました
8両とりあえずここまで完成率20%?(8/20)

制作中その1

床下の加工です
車体を先に加工したいところですが地味なところからやってった方が後が楽だからです、車体が完成したら床下ははめるだけになります
床下は基本的にメーカー完成品を流用したいのですがすでに材料費がかなり掛かっているのでGMキットの床下からです
M車動力ユニットはE231台車は251系からです
銭掛かってまっせ
E231に使用されてるKATOの新型カプラーが手に入ったので試験的に使用してみました
けっこう重要なのが車両間の高さの調整、傾いてたらかっこ悪いですよね
床下は床下機器に詳しい?なんちゃって運転士さんを拉致しGM211系キットの床下を1ヶずつ加工しながら接着していきます

この選択が大失敗!1両に2時間くらいかかるんです、あああぁぁ
8両分かっ!
真剣に資料を読むなんちゃって運転士さん
M車はカバーをはずして接着してあります
こちらは実車画像クモハ311
床下完成
ドゥ?
こちらはモハ310
M車もきれいにできましたユニット部分も目立たないですよね?
(9/4)

長大作になってしまったので次ページへ続きます

とりあえずスカートの加工
211系のをそのまま使おうと思いましたが、全然形が違うので211系スカートをベースにプラ板と瞬間接着剤を使って
「やってみるさっ!」

「3時間かかったさっ!」
「12時間かかったさっ!」
「でもかっこいいさっ!」
雨樋部分が微妙に短かったのでプラ板で追加
クーラー部分の屋根のビート?(補強)は無いのでカッターとヤスリを使ってきれいにしてあります1両軽く1時間くらいってとこですかっ
んんっヨイヨ!
パンタ部分はエッチングパーツが入っていたのでパーツを駆使してそれらしくしています、身延線対応でチョッチ低くなっている屋根も削って再現してあります
妻面もしっかり加工左からクハ、クモハ、モハとサハ(共通加工)モハ、サハの妻面には屋根へ上るステップは無いんですね、元のモールドを削ってあります「ビートの野郎!修正してやる!」
貫通扉もしっかり拡げておきました
先頭車クーラーはとりあえず諦めて中間車のクーラーは屋根のRに合わせるためプラ板で凹部分を埋めて屋根のRに合うように削ってあります
屋根にしっかりフゥィット
おかげさまで中間車の加工は終了しました
あとは先頭車ですが・・・
クーラー問題の他にこのレジン製前面ガラスパーツ・・・

透明にはなりそうにないっす(10/1)

その2へ